シミやくすみを改善するために使いたい化粧品は?

肌にぽつぽつとできるシミ、あるいは肌色そのものを暗く見せてしまうくすみは、発生すると隠すためにメイクが厚塗りになってしまったり、ファンデーションの色が合わなくなったしまったりと色々と厄介なものです。シミやくすみが発生する原因は、ひとつは紫外線ダメージを挙げることができます。紫外線を浴びることによって活性化されたメラニン色素が肌表面に出てくると、シミやくすみは発生しやすくなります。また紫外線による日焼けが肌くすみの原因になる場合もあります。それから、加齢に伴って発生しやすくなる特定の現象が原因の場合もあります。たとえばシミの場合は、頬の両側にもやっと広がるタイプのものは、肝斑と呼ばれる現象によって発生するものである可能性が高いですし、顔が黄みを帯びたようにくすみ始めた場合は、糖化と呼ばれる、たんぱく質や脂質が糖と結合する現象が始まっていることも考えられます。こうした原因によって発生するシミやくすみは、まずは比較的、早い段階から予防を心がけることが必要です。そしてその上で、症状が出てきたら改善するための化粧品を使用することがおすすめです。まず、紫外線ダメージが原因の場合は、紫外線対策機能も兼ね備えているものを使うと良いです。紫外線対策は、年間を通して行うことが必須ですから、化粧品にその機能が含まれていればとても便利です。紫外線ダメージを緩和する効果があるビタミンCやフラーレンと言った成分が含まれているものもおすすめです。また活性化したメラニン色素や日に焼けてしまった肌も、肌が新しく生まれ変わるターンオーバーがきちんと行われていれば、それほど重い状態となって肌表面に出てくることはありません。しかしターンオーバーの機能は、日常のストレスや睡眠不足、また年齢を重ねることによって少しずつ低下していきます。ですから、肌にたっぷりの潤いを与えることでターンオーバーを促進させる効果が期待できる、保湿効果の高い化粧品を使うことも重要です。それから加齢に伴う現象によるシミ、くすみに対してはそれに応じた化粧品を使用することが求められます。肝斑の場合は、専用の飲み薬もありますから、それを使用したうえで、美白に対して有効な成分が含まれている化粧品を使用すると良いです。糖化は、一度、発生してしまうとなかなか改善するのが難しいとされていますが、糖化によって発生する老化成分を除去するが含まれた化粧品も発売されていますから、それを使用するのもひとつの方法です。この効果は、一朝一夕にあらわれるものではありませんから、長く使用し続けることも大切です。